宇陀市社会福祉協議会

ホーム > 共同募金

共同募金

  「赤い羽根募金」という愛称で親しまれている共同募金の募金活動は、厚生労働大臣の告示により毎年全国いっせいに実施しています。
  運動期間は、10月1日から12月31日までとなっており、12月中に行われる「歳末たすけあい募金」も、「共同募金」の一環です。
 市内地域で集まった募金は、地域の実情にそった福祉事業に使われます。(国内の災害発生時を除く)
  奈良県共同募金会宇陀市支会では、皆さんのご協力のもと、さまざまな場で募金をお願いしています。

 

・赤い羽根共同募金

赤い羽根共同募金  皆さんからお寄せいただいた募金は、奈良県共同募金会を通じて、社会福祉施設や県域で活動している団体などに配分されます。
 その一部が翌年度、宇陀市社協にも地域福祉配分金として配分され、いきいきサロンや、ボランティア団体への助成事業などに使われています。

 

・歳末たすけあい募金

歳末たすけあい募金  歳末たすけあい運動は、共同募金運動の一環として地域の皆さんや自治会、民生児童委員のご協力のもと実施され、「歳末激励金」として新たな年を迎える時期に地域で安心して暮らすことができるよう、市内で支援を必要とする人たちや、福祉施設等に配分しています。

 


募金の方法について

・戸別募金

市内各自治会および市民の皆さまのご協力により、各家庭へお願いする募金です。

 

・街頭募金

駅前や、催し物会場に来られた方々に寄付をよびかける募金です。

 

・法人募金

法人(企業)へ社会貢献活動として、また社員の福祉への関心を高めるなど意義あることを理解していただき寄付をお願いする募金です。

 

・学校募金

福祉教育の一環として、小学校、中学校、高等学校などで、児童・生徒に寄付をよびかける募金です。

 

・その他の募金

公共施設等に設置した募金箱や上記以外の募金です。

 

※税制上の優遇措置について

個人や法人が共同募金会に寄付した場合、税制上の優遇措置が受けられます。

・個人の場合

寄付金が2千円を超える場合 一定の限度内で所得税並びに住民税に係る寄付金控除が受けられます。

・法人の場合

法人税法により、寄付金額を「全額損金算入」することができます。

 

  尚、税制上の優遇措置を受けるには、税務署への申告時に、共同募金会発行の領収書が必要となります。

 

お問い合わせ先

奈良県共同募金会宇陀市支会(宇陀市社会福祉協議会内)
〒 633-2221 宇陀市菟田野松井502
TEL: 0745-84-4116/ FAX: 0745-84-3600